参加者へのご案内

参加受付

日時:6月29日(土)8:15~

場所:総合受付(1F メインホールロビー)

参加費、プログラムおよび講演要旨販売など(現金受付のみ)

参加費(プログラムおよび講演要旨代金を含む)

会員:2,000円/非会員:3,000円/学生(院生含む):無料

プログラムおよび講演要旨:1,000円

・会場内では必ず参加証(兼領収書)に所属・氏名を記入のうえ、携帯してください。

・参加証(兼領収書)の再発行はできませんので、大切に保管してください。

臨床神経学投稿用抄録の提出について

発表者は当日、総合受付に発表者であることを告げて「臨床神経学投稿用抄録」用紙を提出してください。

日本神経学会 認定医更新手続き

当日受付でお渡しする認定更新単位登録票により、参加単位登録の手続きをしてください。

地方会への参加:3単位(筆頭演者として発表の場合は、別途2単位取得可能)

生涯教育講演会への参加:4単位

中国・四国地方会費納入、および新規入会も受け付けますので、ご利用ください。

世話人会

6月29日(土)11:40から2F 研修室にて行います。昼食をご用意します。

ランチョンセミナー

整理券の配布はございません。セミナー入場時にお弁当をお受け取りください。

クローク

日時:6月29 日(土)8:15~18:00

場所:1F メインホールロビー

PC発表データの受付

学会当日に発表データの受付を行います。セッション開始60分前(朝一番のセッションは30分前)までに下記PCセンターにて、発表データの試写ならびに受付をお済ませください。

場所:1F メインホールロビー

その他

・会場内では、携帯電話をマナーモードに設定してください。

・会場内は全館禁煙です。

・会長の許可の無い掲示・展示・印刷物の配布・録音・写真撮影・ビデオ撮影は固くお断りいたします。


座長・発表者へのご案内

進行情報

一般演題:発表6分、質疑3分

YIA奨励賞候補セッション:発表6分、質疑4分

・発表終了1分前に黄色ランプ、終了・超過時には赤色ランプを点灯してお知らせします。円滑な進行のため、時間厳守でお願いします。

・演台上には、モニター、キーボード、マウスを用意いたします。演台に上がると最初のスライドが表示されますので、その後の操作は各自でおこなってください。

座長の皆さまへ

担当セッション開始予定時刻の15分前までに、会場内前方の「次座長席」にご着席ください。

発表者の皆さまへ

Ⅰ.筆頭演者の利益相反(COI)の開示について

会員、非会員の別を問わず、今回の演題発表・講演に際して医学研究に関連する企業・組織や団体との経済的な関係について、過去1年間におけるCOI状態の有無を発表時に必ず表示してください。(共同演者のものは開示不要です。)

表示個所は、発表スライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)とします。利益相反の指針および開示形式については、一般社団法人日本神経学会利益相反に係る委員会の設置および運用に関する規程をご覧ください。

こちらより、COI開示のスライドサンプルをダウンロードいただけます。

 

Ⅱ.発表データ 試写・発表方法

すべてPC発表(PowerPoint)のみといたします。

発表データは、Microsoft Power Point 2010~2016のバージョンで作成してください。

解像度はXGA(1024 × 768)、画面の比率は4:3 です。

 PowerPointの「発表者ツール」は使用できません。発表用原稿が必要な方は各自ご準備ください。

 

<データ持ち込みによる発表の場合>

・作成に使用されたPC以外でも必ず動作確認を行っていただき、USBフラッシュメモリーでご持参ください。

・フォントは文字化け、レイアウト崩れを防ぐため標準的なフォントを推奨いたします。

MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝,Arial,Century,Century Gothic,Times New Roman

・発表データは学会終了後、事務局で責任を持って消去いたします。

 

<PC持ち込みによる発表の場合>

・Macで作成したものと、動画・音声データを含む場合は、ご自身のPC本体をお持込みください。

会場で用意するPC ケーブルコネクタの形状は、D-SUB mini 15pin(図参照)です。この出力端子を持つPCをご用意いただくか、この形状に変換するコネクタを必要とする場合には必ずご持参ください。デジタル出力(HDMI)の出力端子しか無いPCはHDMI → D-SUBの変換アダプターも必要です。電源ケーブルもお忘れなくお持ちください。

・再起動をすることがありますので、パスワード入力は「不要」に設定してください。

・スクリーンセーバーならびに省電力設定は事前に解除しておいてください。

・動画データ使用の場合は、Windows Media Playerで再生可能であるものに限定いたします。